派遣やアルバイトはカードローン審査で不利とされています。

カードローン審査が何故、派遣アルバイトで不利になるのかその仕組みから突破方法まで解説します。

・カードローン審査の仕組みは点数化

カードローン審査の仕組みは、年齢、家族構成、最終学歴、雇用形態、年収、借入先件数、借入総額等の申告内容から点数をつけ、その総合点で合格ラインを上回れば合格するようになっています。

点数の中に雇用形態があるので、アルバイト、派遣などの職業も審査に影響を及ぼしていきます。

・派遣、アルバイトのカードローン審査は点数が低い

派遣、アルバイトのカードローン審査は大まかに、
◆ 公務員

◆ 上場企業の職員

◆ 中小企業の職員

◆ 派遣

◆ アルバイト
の順に点数が低くなっていきます。

公務員との差は大きく、さらに正社員に比べて大きな点数の差を付けられるような仕組みです。

点数が低いという事は審査に通りにくくなるので、他の項目での挽回が大切になります。

・派遣、アルバイトのカードローン審査突破方法

派遣、アルバイトの方は審査が不利ですが、決して100%審査に落ちるわけでは有りません。

派遣、アルバイトの人は、
◆ 借入希望額を少なくする

◆ 消費者金融など、審査が甘いところに申し込む

◆ 借入先を増やさない、滞納を行わない
など行って対処してください。

特に派遣、アルバイトの方は収入が少ないので、それに見合った借入希望額に抑える事はとても大切です。

きっと審査に突破する事が出来ます。

アルバイト、派遣であっても審査に合格する事は可能です。

総量規制の関係で、年収の3分の1以上の貸し出しは消費者金融では行えませんが範囲内であれば合格する可能性は充分あるでしょう。

不利を弾き飛ばして、上手く審査に合格してください。