『給料が遅延する』

『数日間支払うお金がどうしても足りない』こんな時はモビットの支払い日変更をしましょう。

モビットは支払い日変更が可能で、支払日を変更すれば遅延損害金を回避することができます。

支払日変更、遅延損害金回避のメカニズムについて解説しましょう。

・支払い日変更をすると返済日が長くできる

支払い日は長期間に変更する事は出来ませんが、数日程度の変更であればモビットは認めてくれます。

支払いを変更するには、

◆会員ページから手続き依頼をする

◆自動契約機で手続きをする

といった2つの方法があります。

例えば毎月5日の支払いを10日に変えることができれば、支払日を少し先延ばしにする事が可能です。

・支払日変更で何故遅延損害金を回避できるのか

遅延損害金は双方で約束した期日を過ぎたときにペナルティとして発生するものです。

支払い日変更はモビットとの約束の期日を変えるのですから、遅延損害金は発生しなくなります。

・ちょっとくらいなら遅延した方がいい?

遅延損害金は高くないので、『ちょっとくらいなら延滞してもいいかな』と思ってはいけません。

遅延を行うと、信用情報機関CICの支払い状況欄に記録されます。

2年程度この情報は消えませんので、その間ローン契約でマイナス査定の対象となるので、お得な事はありません。

モビットの返済が遅れそうな時は、支払い日変更を行いましょう。

遅延損害金も発生しませんし、何より信用情報機関の情報が汚れません。