未成年の学生がお金を借りる場合、親に内緒にしたいと思うものです。

しかし、親に内緒でお金が借りる方法について、分からないことが多くありませんか?

今回はそんな未成年の学生が、親に内緒でお金を借りる方法や注意すべき点について解説していきます。

○ 未成年の学生に便利な学生ローン

カードローンの場合、対象年齢20歳以上のものが多いです。

未成年の学生では借りることができません。

そんな未成年の学生でも、学生ローンであれば借りられることがあります。

学生ローンは文字通り、学生を対象とするローン商品です。

中には18歳19歳の学生でも、お金が借りられる学生ローンがあります。

○ 学生ローンを利用する時の注意点

未成年の学生が学生ローンに申し込みする時は、次の点に注意して下さい。

 高校生や予備校生は申し込みできないことがある
 安定した収入が必要
 学生証の提出が必須
 借入限度額が少ない
 金利が18.0~20.0%と高めなど

未成年の学生が学生ローンに申し込みしても、親に連絡が行く心配は少ないです。

親の同意も不要で済ませられるため、親に内緒でお金を借りたい時にも便利なローン商品となっています。

ただし、返済が困難になった時は、親に連絡が入ることがあるのです。

親に内緒にしたい時は、無理のない借入が大切となります。

○ まとめ

学生ローンからお金を借りても、返済さえきちんと守れば、親に知られる心配は少ないです。

しかし、親と同居している場合は、書類で知られてしまうことがあります。

学生ローンの店舗まで出かければ、書類が自宅に届きませんが、店舗数が少ないために注意して下さい。