カードローンの審査で収入証明書類を不要にする方法は?

カードローンの広告やサイトを見ると、「要収入証明」または「収入証明不要」という言葉が出て来ます。

収入証明書類の要・不要の違いはどこにあるのでしょうか?

消費者金融で50万円以上借りる場合には必要

銀行が取り扱うカードローンは、各銀行ごとに収入証明書が必要な借入希望額は異なっています。

消費者金融の場合、50万円以上の借り入れには収入証明書が必要です。

収入証明書類を不要にする方法

消費者金融で収入証明書類を提出せずに借り入れをするには、借入希望額を50万円以下にすれば良いのです。

アコムやプロミスといった大手の消費者金融では、50万円までなら収入証明書の提出は不要で借り入れすることが出来ます。

しかし、これは定職に就き安定した収入がある場合であり、学生や主婦の方は収入証明書の提出を求められる可能性があるんです。

50万円以下の借り入れでも収入証明書類が必要な場合がある

消費者金融の借入のルールに、複数の業者から借り入れていて、総額が100万円以上を超えると収入証明書類が必要になるんです。

例えば消費者金融A社に今回30万円の借入を希望したとします。

30万円以外に、消費者金融B社とC社に合計80万円の借り入れがあると、トータルで110万円になりますから、収入証明書類が必要になるんです。

もしもこのパターンに当てはまるというん場合には、事前に収入証明書類を準備しておくと申し込みがスムーズに行きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ