カードローン・キャッシングなどの申し込み時の注意点

審査で気を付けるべきことは多くありませんが、一番大切なことは申込書には、正直に、かつ正確に記載することです。収入や既存の借入件数などは自分に有利におおげさに書きたいものですが、相手も信用情報機関に照会していますから、あまりにかけ離れたデータが出てくると審査が遅れる原因になりますし、審査に落ちることになるかもしれません。また最悪の場合は、虚偽の申告をしたという事で今後新規申し込みをする段階で落とされる可能性もあります。

また、最近はスマホでの申し込みができることが多いです。悪いことではないのですが、入力ミスが多いようです。審査では、他人のなりすましを防ぐためと本人確認の徹底のために住所氏名、更には生年月日をチェックします。入力ミスをすると、信用情報機関とのマッチングができずに審査が長引いたり、最悪の場合落とされたりすることがあります。

プロミスではスマートフォンからの申し込みの際に、免許証と会社の名刺を写メするだけで入力が省けるようになるサービスがあります。ミスがないですし、とても早いのでオススメです。

審査は消費者金融等がすることなので、自分がどうこうできませんが、次の関門が職場への在籍確認です。収入が返済資金であることが多い消費者金融の利用者なので、その収入が確実に入ってくることを確認するために、職場に実際にいるかを電話確認しているのです。在籍確認の電話審査の場合は消費者金融を名乗って職場にかけてくる事はなく、担当者の個人名でかけてきます。ですので、職場のよっぽどの理由がない限り、電話確認での審査になります。

大した話ではないようですが、消費者金融などにお金を借りていることは職場の人にも内緒にしたいものです。そのため、できれば電話連絡は省いてもらいたいものですが、消費者金融などにとっては重要な審査手続なので省略できないことが多いです。

ただし、勤務先名の表記してある健康保険証や直近の給与明細書、または源泉徴収票などの収入証明証を提示することで、書面だけで確実に在籍していると消費者金融の担当者が納得してくれれば、省略してくれることがあります。一度相談してみるといいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ