消費者金融で借りれなくてもクレジットカードでお金は借りれる?

消費者金融で借りれなくてもクレジットカードでお金は借りれる?

こんな相談が割と頻繁にあることをご存知でしょうか?

「消費者金融で借りれなくなったから、クレジットカードを作って、そのキャッシング枠でお金を借りようと思う」
まず、どうして消費者金融で借りれなくなったんでしょうか?

消費者金融でいわゆるブラック扱いとなると消費者金融だけでは収まらなくなっている事を知らなければなりません。

まず、一箇所の消費者金融で返済の延滞でペナルティとなってしまったら、他の消費者金融でも審査で落とされることは間違いないでしょう。

それでも、可能性を信じていくつか他社の消費者金融に申し込みを入れようと画策してしまうと余計に悪い方向に行ってしまいます。

これは信用情報機関が延滞などの利用情報をしっかり握っているからです。

金融機関に申し込みを入れた時点で、信用情報機関に個人の情報がインプットされます。その後の借り入れ金額から返済の延滞まで、すべての情報が履歴として残ります。

消費者金融は審査を行う際に、必ず信用情報機関に個人の情報を照会することが決まっています。

どの消費者金融でも必ず行われる審査です。

そして消費者金融だけでなく、銀行も、クレジットカード会社も、信販会社も、そして携帯会社も、信用情報機関に情報照会を行います。

信用情報機関は3社存在します。

消費者金融やクレジットカード、信販会社の情報を主に扱っている「CIC」「JICC(日本信用情報機構)」そして銀行の情報を主に扱っている「全国銀行個人信用情報センター」の3社になります。

さらに、この3社はネットワークで連携して情報を共有しているので、消費者金融での問題ある履歴情報が、クレジットカード会社にも銀行にも情報共有されるので、他の金融機関なら借りれるかもという甘い考えは打ち砕かれます。

・信用情報の交流「CRIN」

過剰貸付、または多重債務が発生するのを防ぐために設置されたシステムで、クレジット・インフォメーション・ネットワークの略が「CRIN」となります。

たとえ、ブラック扱いとは異なる「本人申告」や身内による「貸付自粛」でもこの情報交流は行われます。

浪費癖を防ぐために、消費者金融で借りられないように「貸付自粛」または「与信自粛」の申請を行なった後に、他の金融機関でお金を借りることはできないということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ