カードローンの利用限度額はどのように決まるのでしょうか?

カードローンには500万円や800万円など、最大利用限度額というものが決められています。

最大利用限度額の範囲で、一人ひとり適切な利用限度額が決まる仕組みです。

人によって低い利用限度額から高い利用限度額まで、差が出ることが多くなっています。

利用限度額10万円の人もあれば、300万円500万円の人もあるでしょう。

なぜ人によって差が出るのか、気になる方は次をご覧下さい。

○ 信用力や返済能力で上下

カードローンの利用限度額は、審査によって決まります。

審査では申込者の信用力や返済能力をチェックしており、信用力や返済能力の高い人ほど、利用限度額が上がります。

逆に信用力や返済能力の低い人ほど、利用限度額は下がるのが基本です。

著しく信用力や返済能力のない方は、審査に落ちてしまうでしょう。

審査に落ちてしまうと、カードローンとの契約は勿論のこと、借り入れもできません。

○ 基本的には年収の3分の1まで

貸金業者のカードローンは、年収3分の1までしか借りられない総量規制の対象です。

カードローンの審査では年収もチェックしており、年収3分の1以上の利用限度額が決まることはないでしょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外です。

以前は年収3分の1以上借りられる銀行カードローンが見られました。

しかし、銀行カードローンの過剰融資が問題になってから、自主規制で年収3分の1までしか貸さない銀行が増えています。

貸金業者でも銀行でもカードローンの利用限度額は、年収3分の1以内で決まると考えて良いでしょう。

○ 増額申請できる

既に決まった利用限度額でも、足りない時は増額申請できます。

新規申込み直後に増額申請しても、認められないことが多いため、半年ほどの利用実績を上げて下さい。

増額審査の結果、かえって利用限度額が減額されることがあります。

収入が減った、転職したなどで信用力や返済能力が落ちている方は注意が必要です。

○ まとめ

総量規制や銀行の自主規制により、身の丈以上の借り入れは難しくなりました。

カードローンは利用限度額の範囲で、繰り返し借り入れできます。

しかし、無計画な借り入れは返済が困難になりかねないために注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ